バイトの勤務態度によるトラブル

バイトをしている方の中には、社会経験のない学生の方もいると思います。
そんな方の中には、「バイトだから、責任はない」という気持ちで仕事をしている方もいるのではないでしょうか。
そのため、遅刻をしたり、無断欠勤をしている方もいると思います。
そして、こういった勤務態度からトラブルに発展している方もいるのではないでしょうか。
では、バイト先での勤務態度によるトラブルについて、ご紹介しましょう。
バイトをはじめた方の中には、「たかがバイト」と思っている方も多いと思いますが、たとえバイトという雇用形態であっても、お給料をもらっている以上、責任をもって仕事をすることが求められます。
シフト制のバイトの場合には、当然シフト通りに勤務が必要となりますし、遅刻は出来ません。
シフト制の場合には、その時間帯に必要なスタッフ数を揃えていることになりますから、一人でも来なくなってしまえば、他の方に迷惑をかけてしまうことになります。
当然、休む際には事前に連絡を入れることが基本です。
本来、シフトが入っている時は勤務することが当然ですが、風邪などでどうしても出勤出来ない場合には、それらの理由を伝えた上で事前に連絡を入れることが必要です。
早めに連絡を入れておけば、勤務先でも対応のしようがあるのでリスクを回避できるのです。
また、仕事が始まれば、当然責任をもって仕事をすることが当たり前なので、仕事中に仲間と話をしたり、携帯をいじるなどはもちろん許されません。
こういった勤務態度を続けていると、バイト先から解雇を言い渡されることもあるでしょう。
「どうして?」と思われる方もいると思いますが、勤務態度を振り返れば当然のことではないでしょうか。
このように、バイトをたかがバイトと思って勤務していると、その勤務態度によりトラブルとなることもあります。
バイトであっても、お給料をもらう以上責任を持って仕事に取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です